小 田 志

八坂神社

含珠焼とは、

↓クリック

渋川玄耳碑

 渋川玄耳

 文筆家、明治5年生まれ
11・2歳の頃、山内町宮野の定林寺に預けられる。
長崎商業学校、東京法学院、国学院を経て高等文官・弁護士試験に合格。
明治40年法務官を辞して朝日新聞社に入社。朝日歌壇の選者に石川啄木を抜擢した。
大正2年朝日新聞社を退社し文筆家となる。
大正15年54歳で病没。
墓所は玄耳の遺言により武雄市山内町にある。

含珠焼窯跡碑