西川登小学校講堂

  講   堂

 講堂は老朽化により危険性があると判断され、
解体され、それに先立ち体育館建設された。
 講堂は昭和28年に落成し、独特な様式の建
築物であったため保存されるべき建築物であっ
たので、惜しまれてならない。
 管理人としても、さまざまな思いがよみがえる。
       (当ページ最上部写真)
武雄市立 西川登小学校

昭和22年 西川登中学校 発足
昭和24年 中学校校舎新築
昭和  年 中学校校舎増築(昭和35年頃?定かではない)
昭和41年 東西川登中学校合併により、川登中学校西校舎
昭和43年 川登中学校校舎落成により、西川登保育園となる。
平成  年 保育園の民間委託になり移転
平成24年 「かんころの家」の名称で町民のふれあいの場とし
        て活用されている。

小学校名をクリックすると小学校のホームページへ飛びます。

昭和41年 東西川登中学校合併により、川登中学校 発足
昭和43年 川登中学校校舎落成。(西校舎・東校舎 閉校)

旧校舎全景(航空写真)
      〜小学校資料より〜

小さな町のちいさな母校

ちなみにこのHPの管理人は、
この中学校の最後の卒業生です。

  校  歌

朝に仰ぐ 神六の
 雄々しき姿たたえつつ
生気あふるる若人が
 学びの道をきわめゆく
ここに我等の園生あり
 西川登 ああ母校

清流永久にいくところ
 明るく影をうつしつつ
希望にもゆる若人が
 まことの道を進みゆく
ここに我等の聖地あり
 西川登 ああ母校

正門 旧保育所正門を改良
旧正門は北門となるが児童は正門から登校

  校  歌 

昇る陽晴れて はつらつと
本城岳の 山すそに
希み溢れて誠実の
ひとみ明るく 集うもの
われらが川登 中学校

歴史に残る はがくれの
血汐うけつぐ 意気と熱
笑顔交して 敬愛の
心正しく 磨くもの
われらが川登 中学校

三とせの月日 すこやかに
学ぶ真理と 自主の道
雄飛誓いて 躍進の
明日の郷土を 担うもの
われらが川登 中学校

「かんころの家

 終戦間もないころ、中学校建設に要する費用の
大部分は西川登村のかんころ産業による収益
によりまかなわれたとことにより、当時の中学校
を別名「かんころ学校」と呼称されていたとのこと
である。
 その当時の建築物が現存する旧校舎を当時の
呼び名でもって町民の憩いの場として活用する
ことは、非常にこころ温まる思いであり、この建
設にかかわった先人達も喜んでいることと思う。

       西川登中学校 校舎

 実際はこの校舎の前にもう一棟あり、校舎玄関の両脇には
バラの生垣があった。
この校舎で「佐賀のがばいばあちゃん」のロケが行われた。

武雄市立 川登中学校
  校  歌

よろずよまでも ゆるぎなく
 きずく平和の新日本
いばらの道をふみわけて
 雲にそびゆる神六の
峰をばさして いざゆかん
 西川登の健児ぞわれら

杵島野恵む みなもとに
 清き姿やうつしけん
しのぶ万寿の姫小松
 海とたたえし 仁愛を
承けて雄々しく 生いたたん
 西川登の 健児ぞわれら
武雄市立 西川登中学校

増改築 工期 平成20年6月〜平成22年3月

落成式     平成22年3月7日(日)

西川登小学校 現校舎

明治 8年 小田志小学校(小田志)・神六小学校(庭木) 開校
明治16年 小田志小学校に高等科をおく。
明治20年 小田志・神六小学校合併し弓野に明治尋常小学校となる。
   〃   矢筈と小田志に分校をおく。
明治32年 庭木に校舎新築移転。矢筈・小田志分校廃止。
明治34年 西川登尋常高等小学校となる。
昭和16年 西川登小-国民学校となる。
昭和22年 西川登小学校(六年制)となる。
昭和23年 矢筈分校開校
昭和28年 講堂落成
昭和34年 西川登小学校 第一・三棟改築
昭和36年 学校給食開始
昭和46年 プール完成・ 小学校火災
昭和49年 鉄筋三階建校舎完成
昭和50年 小学校開校百周年
平成22年3月 三階建校舎増改築 落成 
平成22年3月 矢筈分校 閉校

川登中学校校舎

川登中学校体育祭での伝統芸能の荒踊り

県道から望む校舎北景