武 雄 街 並 散 策
朱塗りの楼門、竜宮を連想させる鮮やかな色彩と形で、天平式楼門と 呼ばれ釘一本も使用していない建築物です。
平成15年3月に復原された武雄温泉新館 と楼門は東京駅を設計した辰野金吾博士の設計で、大正4年に建てられました。
平成17年 7月22日に国の重要文化財に指定されました。

武雄温泉楼門へ通じる商店街
、温泉通り

設計者 辰野金吾氏

辰野金吾氏は日本を代表する建築設計士である。
佐賀県唐津市出身。
主な建築物は東京駅、日本銀行本店、大阪・京都・小樽支店、
旧国技館、大阪市中央公会堂、等数多くここで紹介するのは
困難であるので、辰野金吾で検索してほしい。

武雄温泉楼門

武雄温泉新館

長崎街道の一角
   『札の辻』

楼門を入ると温泉浴場があり、元湯・蓬莱湯・鷺乃湯・殿様湯・家老湯等がある。